読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

読書カンニングペーパー

忙しい人のためにビジネス本やノンフィクション本などの要約を掲載しています

スポンサーリンク

【錦織圭という奇跡!】ATPツアーシステム解説 賞金総額€809,600のゲリー・ウェーバー・オープン開幕特集!

テニス
スポンサーリンク

「賞金総額€809,600のゲリー・ウェーバー・オープン開幕特集!」

 こんばんは。錦織圭選手は本日開幕したATP500ゲリー・ウェーバー・オープンに出場します。初戦は明日日本時間16日予定。昨年は準決勝でロジャー・フェデラー選手(世界ランキング第2位)に準決勝で敗れた大会です。今季、ツアー2勝世界ランク5位(5570㌽)の錦織選手は、このATP500というカテゴリーでポイントを積み重ねたいところです。どこまでいけるか楽しみですね。

f:id:ssud3712346:20150615231321j:plain

※写真はゲリー・ウェーバースタジアム

 

「ATPツアーシステム解説」

 テニスの世界でランキングが重要視されている大きな要因に、世界中の選手が1つのポイントシステムの上で競争をしていることがあります。プロに転向したばかりの若手選手も、ウィンブルドンで優勝杯を掲げる選手も、一直線に並ぶシステムをとっている、それがATPのポイントシステムです。

f:id:ssud3712346:20150615231939j:plain

 世界男子ツアーはATP(Association of Tennis Professionals)によって管理・運営されています。現在ランキングシステムには、「エントリーランキング」と「チャンピオンズレース」との2つのシステムがあります。

 「エントリーランキング」は、過去52週間に出場した上位19大会のポイントの合計で年間ランキングを決める方式です。ランキングが十分高くグランドスラム4大会やマスターズ1000シリーズ9大会の本戦にストレートインできる選手は、それら大会に仮に欠場(つまりゼロポイント)してもポイントがランキングに反映されます。それら13大会の他に年末のマスターズカップとインターナショナル・シリーズで獲得した上位5大会のポイントの合計となります。

 一方の「チャンピオンズレース」は、2000年からスタートとしたシステムで、毎年すべての選手が0ポイントからスタートし、出場大会ごとにポイントが加算され年間ランキングを決める方式です。例えば、年初に行われる大会で好成績を収めると、その選手は必然的に、その年の前半はチャンピオンレースの上位になるわけです。ポイントの対象は1シーズン19大会で、エントリーランキング同様にグランドスラムなどの成績が自動的に反映されます。このシステムは単純明快で分かりやすいのですが、その時々の勢いだけがランキングに反映され、あまりにも短期的すぎるという批判があります。両方式も一長一短がありますが、2006年からはシングルスでは「エントリーランキング」が再び一般的な仕組みとして利用されています。

 f:id:ssud3712346:20150615233156g:plain

グランド・スラム

全豪オープン全仏オープンウィンブルドン・USオープンの4大大会をさします。優勝者には2000ポイント、準優勝には1200ポイントが加算されます。賞金額は大会ごとにばらつきはありますが、シングルの優勝者の賞金額も1億円越が当たり前。 

ATPマスターズ1000

⇒ATPツアーの最高峰大会で、賞金総額が245万ドル以上の大会です。優勝者には1000ポイント、準優勝には600ポイントが加算されます。

ATP500シリーズ

⇒マスターズ1000の次にランクの高い大会として位置し、賞金総額100万ドル以上の大会をさします。日本で開催される、楽天オープン(東京)はこのシリーズに属します。現在年に9大会あります。 優勝者には500ポイント、準優勝には300ポイントが加算されます。※ゲリー・ウェーバー・オープンもこのランク。

ATP250シリーズ

⇒賞金総額45万ドル以上の大会で、現在年間39大会開催されます。 優勝者には250ポイント、準優勝には150ポイントが加算されます。※錦織選手が3連覇中のメンフィスオープンがこのクラス。

【ATPチャレンジャー・シリーズ】

⇒日本で言うツアー公式戦の下に位置する賞金総額2万5千ドル以上15万ドル以下の大会です。西岡選手やダニエル太郎選手はこのクラスで戦っている。

【ATPフューチャーズ・シリーズ】

⇒賞金総額1万ドル以上1万5千ドル以下の大会で、1998年に創設されたシリーズです。

 

これはおまけです↓

【ゲリー・ウェーバー・オープン ドロー表】

f:id:ssud3712346:20150615232011j:plain

※錦織選手は第2シードから優勝を狙う!

 

広告を非表示にする
スポンサーリンク